カラオケで音程を一瞬にして合わせるコツ4選!微妙ずれる人の法則とは?

どうもきんぱんですω

カラオケに行って、採点をする機会もあると思います。

特に、DAMの精密採点DXはテレビのカラオケバトルなんかもやってるので、カラオケ採点の王道と言えます。

で、私きんぱんもそもそもカラオケにハマったのはいい点数を取るとモテるからでした(笑)

しかし、初めはなぜかぜんぜん点数が上がりませんでした。

で、やはり一番の問題は 音程正解率が良くないこと だったんですね。

  • 音程が微妙にずれる
  • 音程バーは合っているのに正解率がなぜか低い
  • 音程バーは合っているのにレインボーの星が出ない

こういう問題がありました。

精密採点の点数はやはり音程の比重が高いです。
なので、これを改善することが、高得点を取るポイントになります。

そこで研究してある方法を実践した結果、音程正解率は余裕で90%を超えるようになりました。

ということで今回は、カラオケで音程を合わせるコツ です。

いちいち録音したり地道に練習したりもナシに、
次回のカラオケから即 音程を合わせて点数を上げる方法が知りたい方はどうぞ!

 

カラオケで音程が合わない原因

自分で歌ってて&人のをたくさん聴いてきて、あることを発見しました。

それは、音程が上にズレる人はほとんどいない ということです。

音程バーが合うと黄色く色が付きます。
で、たいてい黄色くはなるんだけど、実はほとんどの人が フラット しているのです。

フラットというのは、正確な音程よりも やや低く歌ってしまうことです。
精密採点の音程バーは、合っているように見えてもその中でもっと細かく測ってるんですねえ。

そう、ほとんど全員、やや低く歌っているので、点数が上がらないのです。

私の点数がなかなか伸びないのもそれが原因だったのです。

 

精密採点DXの音程についてですが、以下のような仕組みになっています。

  • 音程バーは半音単位での表示ですが,実はさらに細かく見られています.正しい音程と比べて -1/8 半音 ~ +1/8 半音の範囲に収まっていれば「完璧に合っている」と判定されます.
  • 1/8 半音単位の音程のズレは,音程バー上を流れる「小さな青い星」を見て判別することができます.自分が出している音程が青い星で表示されており,その中心が音程バーのちょうど上端にあるとき,音程が完璧に合っていると判定されています.
  • 1ページ歌い終える直前に流れる星は,そのページ(の途中までと前のページの途中から)の音程正確率を表しています.
    虹色:90%以上
    金色:80%~90%
    赤色:70%~80%
    青色:60%~70%
    星無し:60%未満

精密集計DX より引用

要点をまとめると、

  • けっこう細かく測ってるよ
  • 音程バーの上端に合わせるんだよ
  • レインボーが出るように歌うんだよ

ということです。

つまり、音程バーが合っていても、60~70%しか正解率が無いってことがあり得るってことですね。

そして点数がイマイチの人に共通するのが、音程がやや低い ということなのです。

 

なぜ音程が低くなるのか?

そこまではいいんですが、問題は 

正確に歌ってるつもりなのに

低く歌ってしまう ということなのです。

 

なぜこうなるのか?

実は、自分が聴いている自分の音は 高く聴こえるのです。
自分に聴こえる音程があっていても、実際出た音って意外と低いのです。

ではなぜ、実際の音程よりも低く出てしまうのか?原因は

  • 話し声のままで歌っているから
  • ボイスポジション が低い

ということです。

どういうことなのか、事項で音程を合わせるコツとともに説明します。

 

カラオケ採点で音程を完璧に合わせるコツ

では、思ったよりも低い音程にならず、完璧に音程を合わせるにはどうしたらいいんでしょうか?

カラオケ採点で音程を完璧に合わせるコツを上げていきましょう。

カラオケで音程を合わせるコツ①-ボイスポジションを上げ、キープする

さて、先ほども出てきた「ボイスポジション」とは何のことでしょうか?

ボイスポジションとは、

「声を当てる位置」
「中心的に響かせる場所」

といった感じの意味です。

つまり、主に声を当てる位置を、高い位置
――つまり、軟口蓋や鼻腔――
に持ってきて、キープすることが大事なんですね。

 

自分が思ったよりも、低く歌ってしまうのは、話し声のままの感覚で歌っているから 

なんですが、話し声というのは、ボイスポジションが低い人が多いです。

たま~にいますが、話し声の時から シャアシャアと頭のほうから高い声を出す人・・
そういう人はレアなんですが、だいたいの男性は 喉・胸 の響きでしゃべります。

喉や胸の響きは、低い周波数の倍音が多いため、フラットしやすいのです。

 

なので、普段のしゃべり声よりも けっこう声を上に飛ばす感覚で 発声します。

図の、赤矢印で指しているあたりが、軟口蓋(なんこうがい) です。

基本的に、歌う時は この軟口蓋に声を当てます。
軟口蓋よりも上の空間には、鼻腔があるので、ここに声が響くと 声が高めになるのです。

 

「声を当てる」というのは分かりづらい表現なので、コチラの記事も参考にしてください。
▼▼▼▼
ボイトレ用語の凶悪さ!「声を当てる」の意味は!?カラオケ上達イミフ用語集

 

カラオケで音程を合わせるコツ②ー軽い声で歌う

ボイスポジションとか、「声を当てる」とかがよくわからん!
て方は多いと思います。

そこで、どういう感覚で歌ったらいいか?ですが

軽い声

を出すようにしてください。

イメージは、オカンが電話に出るとき みたいな声です。
もしくは、かわいい女の子に向かって「おはようございまーす」とあいさつする気分で。

鼻から出すような、軽やかな声になると思います。

このような声の出し方をすると、自然とボイスポジションが高い位置に上がるので、フラットしにくくなります。

 

軽い声で歌うコツはコチラにもまとめてありますのでどうぞ
▼▼▼▼
カラオケが上手い人の特徴はただ1つだぜ! それはオカンの電話だ!

 

カラオケで音程を合わせるコツ③-口角を上げる

口角を持ち上げて、笑顔で歌うようにします。

口角を上げると、このやりかたでもボイスポジションが上がるので、声は高めの響きが増します。

結果として、フラットしなくなるので、なぜか音程バーがレインボーに光らない ということがなくなります。

 

カラオケで音程を合わせるコツ④-音程バーのちょい上を狙う

点数を取りに行くなら、だいたいの歌詞は覚えた方がいいです。

なぜかというと、音程バーを見ながら歌うと、音程が合わせやすいからです。
(ちなみに、音程バー合わせ歌唱だと、本当の”いい歌”にはならないので注意)

音程バーを見ながら歌うと、微調整がききますので 合わせやすくなります。

で、合わせるコツは、バーに合わせるんではなくて

バーの上を歌うように意識すること です。

フラットして発声している人が多いので、けっこう上ずって歌うくらいでちょうどいいです。

そんでコツをつかむと、おもしろいようにレインボーに光るようになるんで面白いですよ。
いきなり点数取れるようになりますから。

 

まとめ

ということで今回は
「カラオケで音程を合わせるコツ」でした。

今日紹介した内容は、何回もカラオケに通い詰めて練習する必要などなく、次回のカラオケで速攻使えるテクニックです。

おさらいしときましょう。

音程が合わない・微妙にずれる原因

  • 話し声のまま歌っている
  • ボイスポジションが低い

音程を合わせるコツ

  • ボイスポジションを上げ、キープする
  • 軽い声で歌う
  • 口角を上げる
  • 音程バーのちょい上を狙う

でした。

ということで、まだまだ年末に向けて、宴会シーズン。。
速攻高得点たたき出し、目立っちゃってくださいな!

では

 

ただいまテスト公開中

君はきんぱんとお友だちになるべきだ。