TUBEのあー夏休みをカラオケで歌うコツ!!「次歌えない!」と言わせる方法とは!?

この記事を書いているパンダ
きんぱん
30歳サラリーマンからミュージシャンを目指すヤバい男

このパンダの生態を知る ⇒超きん的プロフィール

今年の夏こそは・・・!

 

そう思っているそこのあなた。

夏に一波乱起こすなら、カラオケで活躍できるネタは
大きなアドバンテージになります。

そこで今日解説するのは、

TUBE 『あー夏休み』

 

カラオケを盛り上げるには、
つかみが重要です。

これを上手く歌って盛り上げると、
ギャラリーは皆こう言います。

 

「反則!次入れたくないんだけど!」

 

これを言わせたらもうお役御免です。
あとは煮るなり焼くなり、

あなたは好きなだけ、アツい夏の夜をお過ごしください。

 

そうは言っても、簡単ではないこの曲。
ウケると分かっていても、妄想の世界でしか歌えなかった人も多いのではなかろうか。

やはり問題になるのは、

キーの高さ。特に『あ~~』の部分。

このハイトーンの攻略と、その他歌い方のポイントを解説していきます。

この記事を最後まで読んで頂ければ、
『あー夏休み』が上手く歌えるだけでなく、
その他のハイトーン曲も歌えるミックスボイスのコツ
が掴めてしまう人もいると思います。

それでは、本編に入っていきます!

「あ~~」の歌い方――焦点を絞る

「あ~~なーつやすーみー」の「あ~~」は言うまでもなく、
この曲の最重要ポイントです。

この音階は hiB(B4)  高いほうのシです。

曲のタイトルにもなっている部分ですから、
やはりここをミスったり、弱かったりすると萎えます。

では、どのようにすればこのhiBが出せるのか、いくつかポイントで解説します。

息漏れのない裏声

まずは裏声でこの音が出せないと話になりません。

というか、地声では出ないと思いますし、
地声で無理やり張り上げてしまうと

一撃で喉を傷める

ので注意してください。

幸い、この最高音hiBは、「あ」なので、比較的出しやすいです。

なぜかというと、「ア」は喉も口もしっかり開きやすい母音だからです。

なので、そのまま「ア」で裏声を出す練習をし、
次はそれを息漏れのない裏声にしていってください。

しかしこれだけだと、まだ弱く、細い音にしかなってないと思います。

そこで次に、この音を強く、太くしていきます。

参考記事:歌で母音を開くとか閉じるとか。結局どっちなの?カラオケ上達イミフ用語集

 

鼻にかける

実際にyoutubeで、前田さんの歌を聴いて頂くと、

かなり鼻にかけている

ように聴こえます。

まあ要は、やりたいことは 鼻腔共鳴 なんですが、
鼻腔共鳴させてくださいーつってもなかなかイメージしづらいんで、

いっそ鼻にかけてしまう感覚の方が分かりやすいです

声の焦点を絞り、前に出す

息漏れのない裏声状態だと、
出している感覚は、

後頭部寄りか、頭頂部方向に抜けている感じ 

ではないかなと思います。

イメージ的には下の図です。後頭部寄りに抜けている状態⇓⇓

もしくは⇓⇓頭のてっぺんに突き抜けている感じ。

これはいわゆる、ヘッドボイス を出している状態です。

これでもしっかり響くんでまあいいんですが、

『あー夏休み』の曲調からすると、もう少し強く、パワーを持たせたいところ。

 

ではそこでどうするか?

それは、声の焦点を絞って、前に飛ばす ことです。

イメージ的には、先ほどまで後頭部の方に抜けていた矢印を、
おでこの方にグイっと持ってくる感じです。

図で書くとこんなイメージです⇓⇓

音の焦点を絞る感じとしては、次の動画がとてもわかりやすいです。
説明の仕方は若干違いますが、やりたいことは同じです。⇓

 

そこからさらに、
焦点を絞った声を、

マイクという筒に通す

イメージで出してみてください。

そうすることで、さらにマイク乗りも良く、
かなり響く声になります。

これで、強い『あ~~』が完成するのです。

 

参考記事:ボイトレ用語の凶悪さ!「声を当てる」の意味は!?カラオケ上達イミフ用語集

その他の部分も高い!――ボイスポジションを意識

全体を通して、特にサビは高いキーが続きます。

ですが、メロの部分では、けっこう低いところもあり、
音の起伏が激しいのも、難しいポイントの一つです。

こういった上下の激しい曲を、安定して歌うにはどうしたらいいか、
それは

ボイスポジション

を意識することです。

 

ボイスポジションとは何か?
ということなんですが、簡単に言うと、

「声の当てる位置」

です。

え?声を当てるって何!
ほんとイミフな表現ばかりで申し訳ないんですが、
これもザックリ言うと、

「体のある部分に向かって、声をぶつけていくイメージ」

をする、というのが声を当てるということです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。⇓⇓
ボイトレ用語の凶悪さ!「声を当てる」の意味は!?カラオケ上達イミフ用語集

 

で、じゃあボイスポジションはどこなんですか?
ということですが、

それは 軟口蓋(なんこうがい) です。

イメージ図⇓⇓

マルのところが軟口蓋。
声を、矢印の方向に向かって出すイメージです。

そして、ここに当てた状態をキープする

全体的に音域が高い曲は、この軟口蓋のポジションを、
崩さないようにしましょう。

 

前半で説明した、『あ~~』の部分もそうなんですが、
全体を通して、しっかり軟口蓋に当てた状態をキープしてください。

 

歯切れよく歌うのがコツ

アツい夏の、ハジけた感じを表現するために、

歯切れよく、テンポよく歌う

のがポイントとなります。

 

例えば、歌い出しの部分。
ちょっと文字で表すのムズイんですが、
意識しないで歌うとこうです⇓⇓

言葉が滑らかにつながってしまうと、
演歌のように間延びした感じになります。

『歯切れよく歌う』を文字にすると、
こんな感じになります⇓⇓

ポイントは、

  • スタッカートな感じで、カツっと切るところは切る。
  • 音程の上げ下げははっきりと、明確にする。
  • 一文字ごとの音量を大きく変える。

です。
これをするかしないかだけで、

ギャラリーのノリが全く違うものになります。

これは意識するだけですぐできると思いますので、
ぜひすぐ試してみてください。

 

深いビブラート

ビブラートは好みでかけ方を変える、
もしくはかけなくてもいいんですが、

より前田さんっぽくしたい人は、

深めの、スピードは中間くらいの

ビブラートをかけてみてください。

これでかなり、歌にアジが出てくると思います。

 

深めのビブラートをかけるコツとしては、

  • しっかり深い呼吸をする
  • 喉だけでなく、おなかからウネリをだす感じにする
  • ミスにビビらないように思いっきりよくかける

です。

これはあくまでも、きんぱんの感覚なので、
自分なりの感覚を持っている人はもちろんそれでOKです。

ビブラートのかけ方については諸説あり、
ここだけでは語りきれないので、別の回に譲ります。

 

まとめ

さて、今日は

『次に歌う人を困らせる』あー夏休み

を解説してきました。

ポイントをまとめます。

  • 最高音「あ~~」は息漏れのない裏声
  • そして声の焦点を絞る
  • 全体を通してボイスポジションを軟口蓋でキープする
  • 歯切れよく、抑揚をつけて歌う
  • 深い、中スピードのビブラートをかける

でした。

特に「あ~~」の出し方の部分は、
これが実は、

まんまミックスボイスの出し方

なので、
このコツを掴んでしまうと、

他の高音曲も歌えるようになってしまいます。

 

そして、

「なんだ、自分でも出せるじゃん」

てなると、他の高い曲も、どんどんチャレンジしたくなります。

こうなるともう、楽しくてしょうがなくなりますよ(‘ω’)

 

ということで、今回のコツで、
なんかキッカケ的なものを掴んでくれるといいなと思います。

それでは、今日はこの辺で!

 

ただいまテスト公開中

君はきんぱんとお友だちになるべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です