更新情報:奏の解説動画をアップしました

なりたい自分になるために。なりたい自分を『選択』する

人生は選択の連続である。とシェイクスピアは言ったらしい。

最近はこの言葉の意味が分かるようになりました。
毎日毎日、その瞬間その瞬間 無意識に思える行動一つも実は自分で選択している。その連続する選択が積み重なり、やがて出来上がった人生は選択の結果であり、つまり自分が選択した未来そのものである。
そう考えています。

そうなると、今いるこの現状は かつての自分が選択してきた結果に他なりません。あなたの今がもし不満であるとしたら、社会とか周りの状況とか 周りの人とかのせいにしても何の意味もありません。自分が選んだ結果なんですから。

 

そこでですよ?じゃあ日々の連続する選択を、人は何を根拠に決定するんでしょうか?
一見無意識な行動だって選択です。何かの理由があります
例えば 朝起きて最初に必ずすることって何ですか?ある人は 歯を磨き またある人はトイレで用を足すかもしれません。無意識かもしれませんけど、その順番が一番その人にとって効率がいいからそうしているのかもしれません。

でも、もっと集中力を高めて仕事に生かしたいって考えてる人だったら 朝一で瞑想をするかもしれません。
ただぼんやりと過ごしている人との差は そのうち大きく開くでしょう。

だとしたら、日々の選択って 考えたらすごく怖くないですか?
だって何気ない一つ一つの行動が未来を決めてしまうんですから。

駅を歩いていて すれ違う人と肩がぶつかりました。ある人は 「いてーな!チクショウ!」と言いました。
ある人は 「ごめんなさい!」と言いました。
私は当然、後者の人のほうが好きですが、この差は一体何でしょうか?

この二人が将来 どんな人物になったかはわかりませんが、少なくとも私は 後者のほうが幸せになると思います。あなたはどっちがいいですか?

 

なぜこの二人にこういう差が生まれたんでしょう。日々の選択の差の理由を 考えていきたいと思います。
なりたい自分は 選択の連続の中で 自分で選ぶことができるのです。

 

ただ、オーダーすればいい。

その瞬間ごとの選択は どのような根拠で行われるのか。

世の中の成功者や何かを成し遂げる人って、必ず 理想 を強く持っている。しかも超具体的に
その人たちに共通するのは、まず初めにそういう大きな理想を掲げていることだ。

まあ考えてみれば当たり前なんだが、適当に英語とか国語とか社会とかを勉強してたら、いつの間にかノーベル物理学賞を取ってました なんてことは無いですよね?
どうやってそれを成し遂げたのか 私には分かるぞ! ノーベル物理学賞を取った人は物理を勉強したに違いない!

そう、てきとうに歩いてたらエベレスト登れましたなんてことはないのですね。
きっと、エベレスト登った人は 絶対登るぞとまず決めて(オーダー) そこから必要な技術、体力、知識をつけていき、必要なことを一つ一つクリアしていったんだろうと思います。 

ノーベル物理学賞取った人も、エベレスト登った人も、

やると決めた時から 行動がその目的達成のためのものになった

はずだ。
つまり、生きていく中での全ての行動の選択は 大目標をオーダーしたことから始まっている。

 

潜在意識が最善の選択をする

オーダーは強く強く、潜在意識のレベルまで願う 強いものである必要がある。
なりたい自分、達成したい目標が潜在意識まで浸透すれば、あとは黙っててもそうなる。

なぜかというと、そうなった自分がセルフイメージであり そうなることが当たり前になるからだ。

そこまで来ると、無意識の選択が 最適化される。
無意識=潜在意識だから、つまり無意識の行動は 潜在意識が行っているのである。

 

先述の二人の言動の差は これによって生じていたのだ。チクショウの人は、自分以外を威嚇して上に立とうとする人。ごめんなさいの人は、素直に自分の非を認めて協調する人 じゃないですかね。

 

駅を歩いていて、ふと思ったことがあります。もし 目の前の人が線路に転落したら、自分はとっさに助けられるだろうか?
昔ニュースで見た気がするが、自分の命を捨ててまで助けようとする人もいます。きっとそういう人は、強く強く、人を助けられる人にであろうと思ってたに違いありません。きっと立派な人物でしょう。
私もそうでありたいです。

フリーダイバー岡本美鈴の”Mimizun blog”

 

なりたい自分と『六次の隔たり』

スタンレー・ミルグラムが行った スモールワールド実験 というものがあります。
ざっくり言うと、関係ない無作為に選んだ2人は、6人の知り合いを介すればつながる というものです。

例えば、あなたが 橋本環奈と知り合おうとすれば、知人にちょっと芸能関係詳しい人を見つけてその人と連絡を取る。その知人の知人を紹介してもらってそのまた知人に連絡つけて ・・・・とすると 6人つながればほとんどの場合会うことができてしまうのです!

つまり、そこまで強く願って 本気で会いに行けば 会える、つまり目的が達成できるのです。
たった6人なんですから、そんなに会いたいならやればいいじゃんって思います。

しかし ここで問題です。 そこまでわかってても 

実際にやる人っていない

という事実。いくらファンだってそんなことして知り合いになる人いないですよね?公式的な握手会とかでは知り合いになれないですし。

なぜやらないのでしょうか?たった6人で知り合いになれるというのに

 

それは  実はそこまで本気でそうなろうと思っていないからです。
本気になれない理由はあります。じゃあ何のために知り合いになるんですか?という動機がないからです。そこまでして実行する理由がないんです。

これって 芸能人と知り合いになる とかじゃなく、やりたいこととか なりたい自分、目標にしても同じことが言えます。

よく、おれも会社辞めよっかなーとか 起業したいんだよねー みたいに言ってて いつまでたっても何もやらない人がいます。橋本環奈の例とおんなじで、大してやりたいとも思ってないんです実は。

でも何が何でもやってやろうって思ったら たった6人でいいんですから、やりますよね?

多くの人が 金儲けしようとして 上手くいかないのもこれが理由です。本気出したら稼げます。
問題は、なんで稼ぎたいんですか?時間や労力を犠牲にしてまでやる価値ありますか?ということです。
そこまでするほど 欲しくはない というのがあなたの選択に過ぎないのです。

 

自分のコアを見つける

本気を出すのって難しいです。
根本的な部分で 「そこまでして実行する意味がない」なら、どこかで必ずあきらめて辞めてしまいます。

じゃあ、なりたい自分や達成したい目標を強く思い、行動を強化するにはどうすればいいだろうか?

それは 自分のコアを見つける ことだと思います。

それが難しいんじゃい!って話ですけど、ずっとやってても飽きない事とか、人からこんなこと言われたらめっちゃうれしいこととか そういうことの中にヒントがあると思います。
そういう、心のアンテナを常に立てておくと 見つけるチャンスに気づくんじゃないかなと。

本心でどうなりたいか これさえ見つければ あとは脳みそがそのために必要なことや情報を集め始めます。
今までみえてなかったものが見えてきて、それを選択するようになっていく。

それって、引き寄せの法則 ってことじゃないかなと思います。
引き寄せの法則については、また別の機会に書こうと思う。

 

ということで、今日のまとめ 
なりたい自分をまず強く決め そのための行動を選択していこう 
ということでした! 

おたがい理想を実現するために がんばっていきましょう。

 

2018年3月15日 カフェでちょっと感じ悪くしてしまった 自分に反省。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です