カラオケ人気曲別 上手く歌うコツシリーズ⑥道–EXILE

あななたたちエグザイル アルファベッドで書けますか?私今タイトル書こうとしてやべ!ってなりました。
そんなんどうでもいいんですが、そうそう、もうすぐ春ですね。春と言えば別れと出会いの季節。新たな道へ進む人もいればそれを見送る人もいる。そんな卒業シーズンの定番曲となりつつある、なんと気の利いた選曲でしょう。
送別会なんかでも使えるので、今から練習してお涙ちょうだいしましょう。カッコよくキメたいそんなあなたに、歌い方のポイントをお伝えしようと思います。

 

 

ファルセットの攻略


あつしさんとたかひろさんはファルセット使いがうまく、非常に色気があってセクシーに歌い上げます。この曲歌ってみると分かるんですが、あれ?どこ裏声だっけ あれどこで戻んの?みたいな感じになってゲロっとミスります。
まずはしっかりと ファルセット使うとこと地声に戻るとこと原曲をよく聴いて覚えましょう。そしてスムーズに切り替えができるように訓練してください。

スムーズに切り替えるコツとしては、地声の時にあまり声を張らず、地声の時から裏声の感覚で発声することです。特にあつしさんは、あまり声を張らない、裏声寄りの柔らかなミックスボイスで発声しています。

地声の時にあまりガッツリ声を張ってしまうと、裏声への移行がスムーズにいかないことがあります。またファルセットになったとたんに声が弱っちくなり、音色が大幅に変わってしまい不自然です。原曲を聴いて頂ければわかりますが、そこまで大きな音色の変わり目がなく、とても自然な感じになってます。

なぜこういう感じになるのか。裏声 特にファルセットの時に使う筋肉は輪状甲状筋という筋肉です。これは声帯を引き延ばす働きがあり、音程のコントロールも司る 超超重要筋肉です。ファルセットの発声をするときに、純粋にこの筋肉が使われます。つまり、地声の状態でもこの輪状甲状筋を稼働させておくことで、ファルセットへの切り替えがスムーズになるのです。
切り替えというか、ずっと輪状くんは動いているから切り替えてないんですね。輪状くんは動き続けていて、ファルセットの時に地声成分を取り去った ということが起きているわけです。EXILEのお二人はこのコントロールが非常にハイレベルなんですね。

地声の時に裏声の感覚で出す というのは輪状くんを動かすためなのです。話し声と同じ 輪状くんを使っていない状態から、いきなり全く違う筋肉に切り替える なんてことをしようとするのは逆にむずいことなんですね。

 

広い音域への対処


この曲は低いとこはけっこう低く、低いとこから一気に上がったりファルセットになったりするとこがむずいです。これへの対処ですが、上で書いたことで解決できます。そう、最初っから裏声意識で 低いとこも歌うのです。
しかしですね、これって普通に話し声で歌ったほうがよっぽどラクなんです 低いとこって。裏声意識の低音部はキツい。なぜキツいのかというと、裏声意識すると響きが上のほう(鼻腔とか頭とか)に行きやすく、胸に響きにくいからなんですね。胸に響かないから力強い声が出しづらい。

結論じゃあどうするって話なんですけど、裏声意識で発声しながら胸に響かせる です。まあ言うだけなら簡単。メロのとこは多少弱くなってもいいでしょう。本人たちもすごいソフトに歌ってるとこなんで。

話し声地声からファルセットにジャンプするよりも、始めっから裏声意識しとく のほうが驚くほどスムーズに移行できるのは、やってみれば実感できると思います。

 

子音をしっかり発音


EXILEの歌い方の特徴でもあるんですが、タ行が ツァ チェ ツェ ツォ みたいな感じになるアレです。大げさにやるとクドくてウザくて嫌がられますが、多少の意識は必要です。

この曲もテンポがゆっくりめバラードなんで、メリハリつけて歌わないと単調で眠たくなります。やりすぎない程度で本家のマネしましょう。

 

キザっぽくならない


EXILEを歌うのを聴くと、本人たちになりきっているのか、マネしているのか、マジメともギャグとも取れない なんとも中途半端な 笑っていいのかかっけーって言えばいいのか 困ることがよくあります。
これおそらく、あの歌い方の感じをマネするとキザっぽくなる傾向になるんだと思いますが、あまり本家っぽさは出さないようにしたほうがいいと思います。なんかイラっとしますよね、カッコつけてカッコよく見せようとしてるかんじ(←おれ 性格悪いーー)

まああんまクドくならないように注意したほうがいいということです。無理してEXILEっぽくなろうとしないで、むしろサッパリとストレートに歌うくらいのが好感があるような気がします。

下手にやたらと おれテクニックあんだぜ みたいのじゃなくて、裏声とか自然体でできてて テクっぽさを感じさせない、スッキリとした上手さを目指して頂きたいです私としては。

 

今日は春を先取りして春に合う曲をお届けしました。テーマとか季節に沿った選曲というのもけっこう大切だと思ってます。
あー早く春になんないかなー。春って好きなんですよね。あの空気感とか 匂いとか そわそわする感じがいい。緑の葉が芽吹いて 力があふれ出す感じ。希望と不安が交じり合って風になり 桜を散らすの。あの日別れたみんなのこと うれしそうな母の顔 やわらかな日差し 花の香りが運んでくるよ。

 

2018年2月2日 キザを否定しながらキザなこと書いた日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です